よく中東にいくと、僕は正直思いますけど

もう、午前一時かあと思いました。
早く、芸術ある人生を送りたいものです、

のんびりとした人生もよし、そうでなくても、平穏は、僕には好きな言葉ですな。

ヌスラ戦線に捕まったジャーナリストの人のような冒険は、不可能に等しく感じられます。

よく、中東にいこうと思いますよね。
やっぱり、各国の人達がいってみたようですけど、ろくでもない目にあっているわけです。
動画dr、後藤さんのそういうものが、公表されたようですが、見ていません。

あれって、人間の悪の象徴のようで、自分を放棄してまdr、人を殺戮する団体なのに、なんdr、ジャーナリストって行きたがるのでしょうね。

死に急ぐ人が多いと、テレビを見ていて思います。
テレビだけですから、全部ではないですが、そう感じることが多いです。

人生は、へいぼんだから、楽しいことも沢山あります。
追求なら芸術の追求だって、楽しみじゃないですか。

中東はやめましょう。平凡な人生が一番です。誰も人が無残に殺される所など見たくもないのですから。

仕事のお電話なんですが。

元々、電話というものが苦手で友人ともあまり電話をすることが少ないのですが、仕事となるとなおさら緊張して拒否反応がでます。
ずいぶん前に、コールセンターの仕事も少ししてたのですが慣れるどころか、ますます苦手になってしまいました。

明日はどうしても一本仕事のお電話をしなければならないので少し憂鬱です。
けっして苦手な方というわけでもなく、むしろとても感じの良い優しい人なのですが、電話越しにパソコンの説明をして作業してもらうというのが時間も手間も取らせることなので気をつかってしまうんですよね。

さて、緊張をほぐすというと皆さんはどのような対策をされるでしょうか。
私の場合は、とても簡単なのですがガムをかむと少し気がまぎれるのか、緊張が少しだけ緩和されます。
人によってはタバコを吸ったり、軽く運動をするなどあると思うのですが、私の仕事場の場合はあまり目立ったことはできないので深呼吸をしたりガムをかんだりしています。
まあ、電話くらいで緊張しないようにもともとのメンタルを鍛えるべきだとは思うんですけどね。
電話嫌いを克服する方法なにかないかなぁ。

病院の中の事を思うと、結構場所によってはグレーです

若い看護師さんは、きれいに健康的だなあと思いますが、結構仕事が厳しいのか、忙しい人が多いです。
しかし、中には本当に怖い人もいるわけですよ。

というより、病院の方針や、内容にもよるとは思いますが、やはり怖い人は怖いと思います。
あながち、すべて被害妄想でもないと、僕は思いますけどね。

そもそも、入院中は密室のような世界でのチームワークのようにやっているため、外部には見られたくもない事が往々にしてあり、自分としては、やはり二ヶ月か三ヶ月だとしても、入院は怖いと思っています。

例のSアミーユで、年輩者を落としてしまった介護士のような事は、割と、氷山の一角のように思えます。

だから、入院するなら、それこそ、孤独死の方がいいと自分は思いますね。

これからは福祉の時代だと言う割には、まだまだ認められていな日本の福祉事情に加え、悪用する奴もいつの時代にもいると思います。
病院って怖いと思って、三分の一は間違いないです。

今の年での大家生活、計算してみると

自分は大家生活を希望しています。
親は金はいれなくてもいいと言ってくれていますので、単純に大家生活のみ、考えると、年間80万を、二年で、160万、これに、フラット35で、貸家経営がうまくいって、月純利益が2だとして、24、104足す104、少しの間をおくと、二年と二ヶ月に一回、マンションを買うことができます。

不動産ローンを通さずに、そのまま買えると、一万で貸しても、元が取れるのが大きいですね。

まだまだ、貸家は出来ると思いますし、人生を悲観してはいません。

二年に一回1利益として、父が亡くなるのが、10年と考えると、5回は何とかなるでしょう。
そうなると、5たす2たす自分の年金となるので、生活に不自由はありません。

フラットで、最初に良い物件を買って、担保に金を借りて、貯めた額と一緒に買うのも手です。

こうやっていくと、最終的に金額がでかくなっていって、無限、大家生活も無理ではないかもしれません。
そこは、計算してないのですけど。

本が多すぎてブックオフでしょうか。

家を買うという話になっているのですが、まず市営住宅ではないでしょうか。
そんな気がしますね。

というのが、荷物が余りにも多くて、自分は物を捨てられない性格なのです。
困ったものですね。とはいっても、ちゃんと、整理整頓はしているのですが、ある日、ああ、無駄にブックオフのように持っていくものが多いかもと思いました。

第一に書道本が多いのですが、こんなの会派に入れば、いらないのですね。
なんで、こんなものを買ってしまったというと、書道が好きだったわけですが、いらない本であることは間違いありません。

ブックオフだとか、オフものは、正直言って、凄く叩きますから、まだ、ヤフオクの方がいいなと思っています。

それにしても、ハウツーものを、よく買いますね。困ったものです。

今日は寝たいのですが、本に囲まれて、中々寝づらい所ではあります。
よし、処分しようと思いました。

なんとなく、よむよむくんを、思いだして、あれは可愛いよなと思う次第です。

よむよむむくん、子供が結構可愛くて好きです。転がって行くところも好きですね。

楽になった主人のための朝ご飯

我が家の主人は、これまで、朝からしっかり焼きそばやらパスタなど食べる人でした。
だから朝からわざわざお湯を沸かしてお蕎麦を茹でたりと手間がかかりました。
それが、最近になってダイエットのためかなるべく糖質を控えるためと言って、朝は納豆とホットコーヒーしか必要なくなりました。

つまり、朝は起きてきたらまず麦茶と納豆1パックを出しておけば、その後にコーヒーを淹れるだけで事足りるようになった訳です。
これは、ものすごく助かってます。

下の子も入園したので、朝ご飯食べさせて幼稚園に行く支度をさせるため朝は忙しいのです。
だから、主人はいつも納豆だけというならそれは有難いのです。
納豆なんて安いですしね。
足りなくても、もう1パック食べていくだけなので面倒はありません。

それでダイエットになっているのかはちょっとまだ分かりませんが、本人としては満足のようです。
朝から、米は嫌だからと作らされる手間がなくなった分、家族の朝の時間にゆとりが生まれました。
続いてくれる事を願っています。

3Dプリンタを購入した!

今日は前々から気になっていた3Dプリンタをネット通販で頼んでおいたものが届いた。約10万円となかなか自分にとっては高価な買い物となった。

3Dプリンタにも色々と種類があって、私が購入したのは熱溶解積層方式のものだ。これの場合は造形物自体が自立できないと途中で倒れてしまう恐れがあるので、サポートと呼ばれるものを出力時につけなければならない。

これは薄いバリのようなものなので後で簡単に取り外すことが可能だ。材料はフィラメントと呼ばれるロール状になったABS樹脂でこれを熱で溶かすことによって造形することができる。造形物を固定する為にプラットフォームと呼ばれるテーブルの上にスティックのりを塗布するのだが、造形物がくっつきすぎてしまうことがあるので、ラフトを付けた方が良いかもしれない。

私はくっつきすぎて離れずに失敗した経験がある。3Dソフトでモデリングもしてみたのだがこれがなかなか難しい。単純な形は簡単に作れるのだが人型となるとこれがなかなか難しくてキャラクターを作るのは困難極まりないのだ。なので安価な3Dソフトでキャラクターを作るのはスカルプトリスのような粘土造形をするかのように作れるソフトの向いているのかもしれない。3Dプリンタでどんどん造形するぞー。

介護の人も真面目にやっている人は頑張っていますね

昔、とある下肢障害の方の介護に行ったことがありました。
やったこと、肛門に手を突っ込んだだけでした。

介護職大変だと思いますね。あれは、ネガティブな思い出です。
ああいう時、ボーダー彼女に慰めて欲しくて、メールしたら、内面から全否定、屈辱を与えるような返事がきましたね。
ボーダーは、周りを引き込んでも、絶対に人間関係そのものが根本的に築けない人種だと、今も声を大にして、言いたいです。

引っかかったお前が悪いなどと、未だに奴は楽しんでいるのだろうなあと、引っかけたお前が悪いのだろと言いたいのですけどね。

介護といえば、病院の外でタバコを吸って待っていたら、イケメン介護士さんが、何やら仕事をしていましたねえ。
入院していた時は、元気な兄ちゃんだなくらいに、思っていましたが、目があったものの、素通りして、認知症のじいさんに、話しかけていました。
今思うと普通の病院だねと。Sアミーユは、あるんだろうけど、よほどではないとない施設だわなと思いました。

介護というか、真面目にやっている人は中々お疲れ様ですと言いたいですね。

友人が結婚を嫌がります

私には特に仲のいい友人が二人いるのですが、二人とも独身です。
私は自分の両親が離婚しており、弟も亡くしているため結婚はしていますが、人生いろんなことがありました。
友人たちは、両親ともにそろっており、兄弟もいます。

親は元気、家に帰ればご飯は出てくるし、洗濯もしてもらえます。
でもアラフォーにさしかかり、いろんなお見合い話がくるらしいのですが、どうも片っ端から断っているようなのです。
今は、自分で働いたお金も自分で使えて、実家にいるのでさみしくないし、自由に旅行にも行きたいとのことです。

別にそれはいいと思うのですが、自立はした方がいいと思います。
私は18歳で親元を離れ県外の学校に通っており、20歳で就職してから独り立ちしています。
もうすぐ40歳になろうかとしている人たちが、まだ親元でぬくぬく暮らしているというのは、とてもうらやましいことだと思います。
実家が居心地がよくて、親も特に焦ってないし、結婚するのが嫌なのだそうです。

人見知りの友人が大変です。

私の友人にひとり、とても人見知りな子がいます。
その子は、ひとたび心を許すとひたすらしゃべりだす子なのですが、心を開くまでに時間がかかる子なのです。
婚活中なのですが、知らない人と話すのが苦手なのでとても苦戦しています。
ましてや初対面の人と話すなんて至難の業なのです。

でも結婚したいというので、どうしたらいいか占い師のところに聞きに行ったりするのですが、どこの占い師も同じことを言います。
「あなたががんばって行動しないとだめ。」と言われます。
私もいい人がいたら、紹介してあげたいのですがちょっと変わった男性しかおりません。
しかも主人の部下だったりするので、紹介した後ややこしくなると嫌なので躊躇してしまいます。

何が変わっているかというと、女性の外見にとてもこだわる人がいます。
ただの面食いというレベルならいっぱいいると思うのですが、それが女優級の美人でないとダメだというのです。
さすがの私も友人を紹介できないなと思います。
でも友人には幸せになってもらいたいです。

お気楽主婦のローリーが、毎日あった、つれづれなることを、お気楽に書いていきます。お料理、ダイエット、車、カメラとか生活に関する全般について書いていくので、よろしくお願いします。